穴窯初日!窯詰めなどの様子~穴窯体験☆2016in益子~

 

穴窯初日!窯詰めなどの様子~穴窯体験☆2016in益子~

こんにちは、白金陶芸教室の飯田です。
今回は、前回と引き続き益子で行われた穴窯体験の様子をレポート致します。
穴窯と登り窯の違いから準備や窯詰めなどイベント初日の模様をご紹介しますね♪

前回の記事(参加作品のご紹介)はこちら>>

ana10

 

 

 

 

 

 

?穴窯と登り窯の違い・・・?
登り窯は山などの傾斜のある場所に設置され、単室が連なる形になっています。その為たくさんの作品を詰めることが可能です。傾斜を利用して火が回りやすいため焼成日数も1~2日間で済みますが、ある程度のところで火を止める為部屋ごとに焼き具合が異なることがあります。。
それに対し、穴窯は単室なので灰のかかり具合等出来上がりを納得いくまで焚き続ける事が可能です。
規模の大きい登り窯と違い、穴窯は焼きムラが生まれやすく、その時その時の焚き具合で全く異なる作品に仕上がります。
温度の調整や燃料となる薪等、かなりアナログな方法にはなりますが、他の焼き方にはない独特の味わい深さが生まれるのが特徴です。

 

☆穴窯詰め&準備スタート!☆
11月後半、益子にて行われたこの穴窯イベント。
事前に穴窯用として作られた皆さんの気合の入った作品を
窯に詰めて焼く準備をしていきます。

ana1

 

 

 

 

 

 

▲窯に詰める作品たち。きれいですね。

ana7

 

 

 

 

 

 

▲窯の中はこんな様子・・・。部屋がレンガの壁で仕切られています。
これにより窯の中の熱や空気が上がる仕組みになっております。

ana2

 

 

 

 

▲こちらが今回の燃料となる薪。
写真外にもたくさんの薪が転がっております。
2日半の間ずっと焚き続けるのでこれだけの薪を使うことになります。
そしてこの薪が燃えて灰になり作品の釉と形を変えてゆきます。
自然に感謝です・・・。

ana9

 

 

 

 

 

▲窯に必要なのが温度計!
この温度計とにらめっこしながら薪を入れて温度調節をします。

ana8

 

 

 

 

 

▲ジャーン!こちらが今回使用する穴窯。
穴窯と言うと地中にあるような気がしてしまいますが、このような感じです。
右が作品を入れる部屋、左が煙突になります。
こちらの窯は通常よりも太く長い煙突が特徴のようです。
一番右端の黒ずんでいる部分から薪を投げ入れていきます。

ana3

 

 

 

 

▲窯にいたとっても人懐っこい野良猫ちゃん。
奥に見える薪を投げ込んで燃やしていきます。
ちょっと遠近感もありますが、薪はこの猫ちゃんより大きいですよ~!力仕事!

ana4

 

 

 

 

 

▲薪を入れた直後の写真がこちら。
鉄の扉の奥は真っ赤な炎・・・。
この扉から薪を入れます。
あたり前ですがとっても熱いです・・・。
薪を入れる間も外気が中に入るので素早く正確に奥へ投げ入れます。
これを約10~15分間隔で入れ続け、温度が下がらぬように火の番をします。

ana6

 

 

 

 

 

▲こちらは作品を置く棚板。
窯の中で何度も焼かれ続け降り積もった灰がところどころ溶けて赤く色づいてる様子が見えますね。

きっと作品も窯の中ではこんな感じで焼かれているのでしょう・・・。

 

いかがでしたか?

薪窯は通常の電気窯と違って
窯を人力で焚き続けるため、
何人かで交代で火の番をします。
時にはお菓子をつまみつつ・・・お酒を飲みながら・・・
仲間と語りながら・・・
そんなふうにゆっくりと火と共に時間を過ごします。
たまにはこんなスローライフもいいですよね~。
都会では滅多に体験できない素敵な経験が楽しめますよ!
次回はあなたもぜひ参加されてみてはいかがでしょうか?
お待ちしております♪

白金陶芸教室のHPはこちら>>

大崎由紀子の陶芸入門~㉕続編・薪窯大皿~

こんにちは。白金陶芸教室の大崎です。

すっかり寒くなり、東京では先日初雪が降りました。

 

今回は薪窯用に作った大皿の続編です。

実は素焼き前に割れてしまったんです!!(^^;)

wareta osara

 

 

 

 

 

 

原因は、削り過ぎたことと急激に乾かしたから・・・。

 

益子の薪窯へ持って行くための期限がせまっていたこともあり、

慌てて削り、しかもドライヤーで急激に乾かしてしまい、

邪念がお皿に伝わったのかもしれません(^^;)(笑)

 

ヒビの入った状態のお皿を眺めていたら、先生が

「タタラで作り直せば間に合いますよ!(^^)」

と、救いの手を差し伸べてくれました♪

 

気持ちを切り替えタタラ作りで再度大皿にチャレンジ!!

tatara nobasu

 

 

 

 

 

 

 

土鍋用の型にのせてカーブを付けます。

kata kabuse

 

 

 

 

 

 

 

ヘラで綺麗にして・・・

kata hera nobasi

 

 

 

 

 

 

 

高台を付けます。

koudai

 

 

 

 

 

 

 

高台をしっかりと接着し・・・

ikoudai2

 

 

 

 

 

 

 

ミゾを掘って・・・判子を押して外側は完成!

 

hannko

 

 

 

 

 

 

 

内側にもミゾを掘って完成!!♪(^0^)/

 

kannsei

 

 

 

 

 

 

 

なんとか間に合いました!

 

ヒビが入った時にはもう今回は大皿を諦めようと思ったのですが、

大橋先生の優しさに救われ仕上げることが出来ました。

大橋先生、本当にありがとうございました!

 

この苦労した大皿、上手く焼きあがってくれることを願いつつ・・・

 

窯出しに参加する予定なので結果報告はまた後日~(^^)♪

 

皆さんも陶芸をはじめてみませんか?

私の様に失敗しても、知識豊かな先生方が優しくご指導して下さいます(^^)

 

先ずは、一日体験からお気軽にお申込ください♪

体験概要

■料金:3,800円(初回のみ)+※作品焼成費
■制作時間:
月、火、木曜日
①10:30~12:00
②14:00~15:30
③16:30~18:00
金、土、日曜日
①10:30~12:00
②14:00~15:30
③16:30~18:00
④18:00~19:30

■定休日:水曜日(祝祭日の場合は水曜も営業)
■制作個数:時間内いくつでも制作可能
■作品サイズ:自由
■持ち物:無し(エプロンは無料貸出しております。)

※作品焼成費とは作品を窯で焼くときに発生する電気代のことです。
体積(縦cm×横cm×高さcm)×1.5円 となります。
(お皿の高さは4cm未満のものは4cm~計算させていただきます。)

[例えば]
作品サイズ 縦7cm×横7cm×高さ10cm のコップの場合・・・690円
作品サイズ 縦12cm×横12cm×高さ7cmのご飯茶碗の場合・・・1,410円

お申込みはこちらから>>

 

 

作品ご紹介~穴窯体験☆2016in益子~

 

穴窯体験☆2016in益子
こんにちは、白金陶芸教室の飯田です。
本日11月24日から当教室では穴窯での体験イベントがあります。

陶芸 穴窯 作品-1

 

 

 

 

 

 

※前回の穴窯体験(作品ギャラリー)の記事はこちら>>

穴窯は、通常教室で使用している電気窯と違い、
火をおこし、人の力で薪を投げ入れ焚き続け、
熱が自然と冷めるまで待ち、ようやく作品が完成します。
なにより一番の魅力はその窯にしかない自然釉の表情。
穴窯で今まで先人たちが焚いてきた薪が生む灰が作品に降りかかり、それが溶けることによって釉となり作品の表情が作られてゆきます。
言葉で言うとあっけないですが、今までそこに関わってきたすべての人達の力と大きな自然の力を借り、焼きものを作り上げる一大イベントです。
その時の窯の火の状態を含む温度湿度、窯内の作品による火や風の流れ方にもよって作品の表情が異なります。
その為、同じ窯でも作品の置き場所によってそれぞれ焼き具合や釉の表情も異なるのです。決して全く同じものは出来ないというのが穴窯の大きな魅力・・・。

そんな魅力たっぷりの穴窯。今年はいったいどのような作品を生み出してくれるのでしょうか。
生徒さんの今年の穴窯作品を少しご紹介させて頂きます~。

 

☆白金陶芸教室2016穴窯参加作品をちょっぴりご紹介☆

anagama9

 

 

 

ロクロで作られたどんぶり。
窯から焼きあがった器で食べるご飯は格別でしょうね~!
食べ進めるごとに釉の表情も見え隠れ・・・
きっと素敵な器になりますね。

anagama6

 

 

 

デザイン的な高台が魅力的・・・。
おしゃれな器ですね~。
釉の色が大人っぽく演出してくれそう。

anagama8

 

 

 

とっても繊細な模様付け!凹凸がとても綺麗です。
内側と外側で印象が異なりそうですね!楽しみ!

anagama10

 

 

 

 
大皿の力作!
果たして器の中の凹凸の模様は穴窯では
どういう表情を作ってくれるのでしょうか。
とても面白そう・・・!

anagama7

 

 

 

 

こちらも大作の壺!
大胆な化粧掛けがとってもイイ感じですね!
フォルムもぽってりしていて素敵です~。

anagama4

 

 

 

 

シンプルにカットされたような花器。
細い形は釉が流れたりすることがあるので、
味わい深い表情になりそう。
お花を活けるのが楽しみになりますね♪

anagama3

 

 

 

 

大きな角皿!
お正月などこれからの時期にもってこいの器ではないでしょうか。
家族の団らんのひと時に手作りの器。素敵ですね!

anagama5

 

 

 
こちらは一度釉掛けをしてから窯に入れる作品。
焼き上がりは一体どうなるんでしょう・・・?
作品から制作に対する探求心を感じます・・・!

anagama2

 

 

 

 

 

 

 
最後はこちら。
男の子が作ってくれたお手製のクリスマスツリー!
そう、焼きあがる頃はクリスマスシーズン真っ盛りなのです!
頑張って作ったお星さまも大きくてとても可愛らしい~。
こういうのって大きくなっても思い入れが強く季節関係なしに
そのままずっと飾ってあったりしますよね。
その時の自分にしか作れないもの、まさにこういうことだなぁと思いました。私もがんばろう。

 

他にもご紹介しきれてない作品がたくさんありますが、
それはまた焼き上がりの時のお楽しみにとっておきましょう!
(ご紹介しきれなかった皆さま申し訳ありません・・・)

今頃作品達はきっと穴窯の真っ赤に燃える火の中。
焼き物は土から生まれ、薪を燃やし火と風の力で形が作られる。普段n何気なく使っている器もそんな自然のドラマチックな体験をしてきたのかと思うと改めて自然の力と人の知恵はすごいな~と思う飯田なのでした。

穴窯作品、今から出来上がりが楽しみですね♪

白金陶芸教室のHPはこちら>>

 

ウェディングで想いのこもった手作りギフト&陶芸体験♪

 

ウェディングで想いのこもった手作りギフト&陶芸体験♪

こんにちは!白金陶芸教室の飯田です。
本日はご両親へのギフトやウェディングの記念、
新郎から新婦へサプライズ・・・など、器のプレゼントができる
白金陶芸教室のウェディング陶芸体験の様子をご紹介!

Wblog9

 

 

 

 

 

☆ウェディング陶芸コースのいいところ☆
①世界に一つだけの手作りの器で、相手の心に残るギフトが贈れる♪
手作りならではの味わいやオリジナリティも生まれる器。
メッセージを器に書いたり、なんてこともできちゃいます。
上手くできないかも・・・と心配されてる方も大丈夫!
ここにお越しくださるお客様のほとんどが陶芸初体験。
最初は不安でもちゃんと素敵な器が出来上がりますのでご安心ください。
私達と一緒に素敵な器を作り上げましょう~!
下記にて体験のご様子もご紹介しておりますので是非ご覧ください♪

DSCN4652

 

 

 

 

 

②陶芸体験で集中&モノ作りの楽しい時間が味わえる♪
贈られた相手だけでなく自分も記憶に残る思い出を作れます。
自分が贈った器を見かけては結婚のあの時を思い出して・・・と会話のきっかけにもなるかもしれませんね。
毎日使える器で思い出が持てるなんて素敵です。

Wblog2

 

 

 

 

 

 

 

③写真撮影が無料でできちゃう♪
ご希望の方には無料で写真撮影&データをお渡ししております。
写真より思い出・・・とは言いますがやっぱり写真があると無いとでは違いますよね。結婚式のアルバムやビデオにも載せられますし、写真を見ながら体験を振り返ったり。
制作に真剣な様子や、笑顔で楽しそうなご様子、
もちろん新郎新婦お二人のツーショットもばっちり収められますよ☆
この機会にどうぞご利用ください♪

Wblog6

 

 

 

 

 

 

 

?陶芸体験ってどういうことをするの?

・机に座りながらまったりお皿やお茶椀などが作れる【手びねり】

・電動ロクロを使って土の感触を楽しみながら本格的に作る【電動ロクロ】

まずご予約の際に、お席をどちらかからお選び頂きます。
そして説明を受けた後、制作スタート、お片付け・・・
通常の体験時間より長めの2時間半で、たっぷり陶芸体験が味わえますよ♪

一番人気のコースは電動ロクロ!
初めてでも、コツが掴めるよう講師が教えますのでご安心下さい◎
あっという間に本格的な器が作れちゃいますよ~。

今回はそんな人気の電動ロクロのお席の様子をご紹介します。

Wblog1

 

 

 

 

 

 

 

☆ロクロに土を乗せていざ成形。
柔らかくてツルツルの土の感覚が気持ちいい~。
そんなことをお二人で仲良くおしゃべり&お二人でお互いの様子を伺いながら・・・制作開始です!

Wblog7

 

 

 

 

 

☆土をそっと掴みながら器を形作ります。
下から上へ、階段を上るようにちょっとづつ持ち上げます。
この頃にはお二人も真剣な表情で集中・・・。

Wblog10

 

 

 

 

 

☆完成!お茶碗ができました。
お茶碗の他にもカップ、お皿、小鉢など様々な器が作れますのでご相談ください。
時間内であれば何個作っても大丈夫ですので、失敗を恐れずどんどん作ってみて下さいね♪

wblog5
 

 

 

 

 

 

☆最後は作った作品から焼きたいものを選び、終了~!
その後削り、絵付け、釉薬掛け、焼成へ。
器の形が決まる削りや、メッセージ入れ&器の表情が現れる釉薬がけも、体験が可能です。

桐箱 文字 2

 

 

 

 

 

 

 

ご希望の方にはギフトにぴったりのオリジナル桐箱やクリアーボックスでのラッピングもご案内しておりますよ~。

clear box 3

 

 

 

 

 

 

 

 
一生懸命作った想いのこもった手作りの器。
こんな風に包装されると、感動もひとしおですね♪

 
いかがでしたか?
2人の記念すべき日に、贈る側、贈られる側にも心に残るとっておきのプレゼントをご自分の手で作ってみてはいかがでしょうか?

☆ウェディング陶芸ギフト体験概要☆

■制作時間:2時間半
月、火、木 ①10:00~12:30、②13:30~16:00、③16:00~18:30
金、土、日 ①10:00~12:30、②13:30~16:00、③16:00~18:30、④18:00~20:30
■定休日:水曜日
■制作個数:自由
■作品制作例:お茶碗、お湯呑み、どんぶり、サラダボウル、コーヒーカップ、お皿、大皿、長皿、花瓶、ビアカップ、徳利、
ぐい飲み、焼酎カップ。
■料金:お一人様 7,600円+※作品焼成費  ※追加授業で絵付け等の制作をすることもできます。
■制作からお渡しまでの期間:約3週間。3週間未満での仕上がり希望の場合は特急プラン料金が発生いたします。

※希望される方には制作過程の写真を無料撮影し、データをお渡しいたします。
※撮影同伴:可能(※平日1名様まで無料、土、日の場合はお1人同伴につき3,800円が席料としてかかります。)
※作品焼成費とは作品を窯で焼くときに発生する電気代です。体積(縦X横X高さ)cm X1.5円となります。
〔例えば〕作品サイズ 縦7cm横7cm高さ10cmの湯のみの場合・・・740円となります。

■特急プラン料金:参加料金とは別にお急ぎの方のみかかります。制作日からお渡しまでの期日で起算します。

3日~7日   10,000円
8日~14日  4,000円
15日~21日  2,000円
22日~     0円

もっと詳しく!!お申込みはこちらから>>

白金陶芸教室のHPはこちらから>>

makigama rokuro1

大崎由紀子の陶芸入門~㉕薪窯 大皿~

皆様こんにちは。白金陶芸教室の大崎です。(^^)♪

 

最近、朝晩冷え込むようになりましたが風邪などひいていませんか?

 

今回は、薪窯に入れる大皿を作ってみる事にしました。

 

ろくろにて大皿にチャレンジです!

 

大きなお皿を作るのは初めてなので、先生にご指導いただきながら

作ることに!

 

横に伸ばしていくのではなく、先ずは90度に上に伸ばしていく方法を

教えていただきました。

 

makigama rokuro1

 

その後、倒していきます。

makigama 2

 

 

そして、カタチを整えていきます。

oozara rokuro3

 

 

今回は、溝を掘ってみる事にしました。

makigama 4

 

 

最後に少し縁を持ち上げて完成!!

 

makigama

 

 

ちょっぴり歪んでしまったけれど、それもご愛敬ということで(^^;)

 

後日、程よい硬さになったところで削り。

 

makigama kezuri 1

 

 

 

 

 

 

 

 

内側と同様に、溝を掘ってみる事にしました。

判子も押して完成です\(^^)/

 

oozara kezuri 2

 

 

 

 

 

 

 

 

素焼きをしてから、

年に一度のイベント!益子の薪窯に持って行き焼く事に!!

makigama suyaki

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き上がりが何とも楽しみです(^0^)♪

 

薪窯の様子もまたブログにてアップいたしますのでお楽しみに♪

 

 

皆さんも陶芸をはじめてみませんか?

 

先ずは、一日体験からお気軽にお申込ください♪

体験概要

■料金:3,800円(初回のみ)+※作品焼成費
■制作時間:
月、火、木曜日
①10:30~12:00
②14:00~15:30
③16:30~18:00
金、土、日曜日
①10:30~12:00
②14:00~15:30
③16:30~18:00
④18:00~19:30

■定休日:水曜日(祝祭日の場合は水曜も営業)
■制作個数:時間内いくつでも制作可能
■作品サイズ:自由
■持ち物:無し(エプロンは無料貸出しております。)

※作品焼成費とは作品を窯で焼くときに発生する電気代のことです。
体積(縦cm×横cm×高さcm)×1.5円 となります。
(お皿の高さは4cm未満のものは4cm~計算させていただきます。)

[例えば]
作品サイズ 縦7cm×横7cm×高さ10cm のコップの場合・・・690円
作品サイズ 縦12cm×横12cm×高さ7cmのご飯茶碗の場合・・・1,410円

お申込みはこちらから>>

 

大崎由紀子の陶芸入門~㉔陶芸をはじめてから1年間の作品紹介~

こんにちは。白金陶芸教室の大崎です。(^^)♪

 

陶芸初心者の私が、陶芸をはじめてから約1年が経ちました。

 

今回は、以前作成した器達のその後・・・

実際どの様に使用しているのかを少しご紹介させて頂こうと思います♪

 

 

先ずは何度も失敗し、やっと完成した【コランダ―】(ザル)。

受け皿を後から作り、時間差で完成した作品です!

 

korannda-budou

 

 

 

 

 

 

 

 

コチラは、後から作った受け皿。

ukezara

 

 

果物や野菜をコランダ―に入れシンクで洗い、受け皿を敷いてそのまま

食卓へ出せるので、とても便利に愛用しています(^^)♪

 

 

次は【豆皿】です。

こちらは、大きさは揃えて形を少しずつ変え、

釉薬を変えて作成した作品です。

 

mamezara

 

 

釉薬は二色掛けたモノもあり、色合いが好みの色に焼き上がり

こちらも大好きな作品です。

 

 

【小鳥の小物入れ】は、後から作成した【たまごのアロマストーン】と

一緒にリビングに置いています。

 

tamago kannsei

 

 

アロマストーンにアロマオイルを染み込ませ

好きな香りを楽しんでいます。

 

 

【小鳥の小物入れ】はキャンドルスタンドとしても活用しています♪

kyanndoru

 

 

 

 

 

 

 

 

又、【小鳥の箸置き】達と一緒にお部屋のインテリアとして

ディスプレイしたりして愛用しています♪

 

kotori hasioki 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒土のタタラ作りで作成した【レースのお皿】は、

アクセサリーやキャンドル入れとして活用中です(^^)♪

akusesari- 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初期のころに作成した【白化粧のスープボール】は

実家で採れたマスカットの器として使用してみました!

budouiri

 

 

 

 

 

 

 

 

スープボールのつもりで作成したのですが、

厚みが出てしまいちょっと重たくて・・・(^^;)

 

でも、他の用途で活躍してくれています!

 

 

そして、陶芸をはじめてから2作目に作成したキャンドルホルダーは

1年経った今も自宅の玄関にて愛用しています♪

 

kyanndoru akari

 

 

 

 

 

 

 

 

約1年前に全くの初心者ではじめた陶芸ですが、

こんなにバラエティーに富んだ作品を作ることが出来ました(^0^)♪

 

陶芸は作品が残りしかも生活の中で愛用できるところが楽しいなぁ~♪

と感じています。

 

皆さんも陶芸をはじめてみませんか?

 

先ずは、一日体験からお気軽にお申込ください♪

体験概要

■料金:3,800円(初回のみ)+※作品焼成費
■制作時間:
月、火、木曜日
①10:30~12:00
②14:00~15:30
③16:30~18:00
金、土、日曜日
①10:30~12:00
②14:00~15:30
③16:30~18:00
④18:00~19:30

■定休日:水曜日(祝祭日の場合は水曜も営業)
■制作個数:時間内いくつでも制作可能
■作品サイズ:自由
■持ち物:無し(エプロンは無料貸出しております。)

※作品焼成費とは作品を窯で焼くときに発生する電気代のことです。
体積(縦cm×横cm×高さcm)×1.5円 となります。
(お皿の高さは4cm未満のものは4cm~計算させていただきます。)

[例えば]
作品サイズ 縦7cm×横7cm×高さ10cm のコップの場合・・・690円
作品サイズ 縦12cm×横12cm×高さ7cmのご飯茶碗の場合・・・1,410円

お申込みはこちらから>>

 

 

 

ワコール新商品 「肌リフト」 撮影協力しました!

皆様こんにちは。角谷です。

先日テレビCMの撮影協力をさせていただきました。

場所は某スタジオ。
とても広々としたスペースに大型のバックスクリーンや沢山のモニター、数十名のスタッフさん、監督さん、メーカーさん、代理店さん等様々な人々+我々。

バスケットコート2つ分くらいのスペースがあります。

 

tubohiki5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30~40名位いたのかな。

 

 

satuei-basho

 

 

 

 

 

 

我々はモデルさんの体型に合わせて壺を作る係。

山本裕里子さんは手の出演もされてます。)

撮影時間は朝の8時~翌日の3時頃まで。

普段徹夜等しない私にとってはそれはそれは過酷な現場。

今回「手のモデル」としても出演している「山本裕里子」さんは撮影前日
のテスト撮影からなので2日間高さ50cmサイズの大壺を挽き続けました。

 

tubohiki1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も撮影スペースの「裏」のこちらのバックヤードでせっせと壺を挽いてました。

 

tubohiki2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壺のお尻のアタリを引き上げる瞬間の映像を撮る度に壺はすぐに崩れてしまいます。ですので沢山必要です。

 

壺の作り方は40cmまでろくろで筒引きで引き上げて、その後紐作りで足していきます。

 

tubohiki3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映像では映っておりませんが電動ろくろでゆっくり回転させながら撮影しておりました。

 

tubohiki4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

監督さんや編集の方がチェックされながら撮影は続いていきました。

 

 

 

そして出来上がったのはこちら。

 

 

 

 

編集のスタッフさん本当に素晴らしい技術力!

テレビCMは昨日から2週間程度放映予定との事です。

下半身のたるみを「締め付ける」のではなく「引き上げる」のだそうです。

肌リフト」にご興味ある方はこちらのリンクからどうぞ。

 

CM撮影、テレビ撮影、映画撮影等の協力お受けしています。

陶芸を使ったアイディアが思いついた方ご連絡お待ちしてます。

 

角谷

——————————————————-

過去のメディア協力一部

 

TVCM&WEBCM

キリン 「DIP HOP IPL」  ビアーカップ作りワークショップを開催しました。2016年4月22日開催

ワコール「肌リフト」 壺成形等の協力。2016年9月15日~30日TVCM放映

 

TV撮影

BS朝日「ありがとう」 天童よしみさんがお皿を作られました。2014年5月7日放映

毎日放送「堂本剛のやからね」 堂本剛さんがオブジェを作っていかれました。2016年7月23日放映

TBS「笑☆PARTY」 小峠さん、くまだまさしさんが顔面でルビンの壺を作られました。2016年9月4日放映

雑誌

ソトコト」 土鍋作りが出来る教室としてご紹介いただきました。2012年2月号

MAOMI’S HAWAII WEDDING」 ウエディンググッズの共同制作コーナーでご紹介いただきました。 2013年8月発売

 

女性セブン」 五行の「土」のパワースポットとして取り上げていただきました。2016年1月28日号

 

出版書籍

ゼロからの陶芸入門」 はる陶房と白金陶芸教室による陶芸初心者の為の共著  2013年3月発売

 

 

角谷

 

 

 

ウェディンギフト サプライズ!

こんにちは。

白金陶芸教室のセキです。

今日はしっとりとカタツムリが喜んでいそうなお天気。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

ウェディング

新郎新婦から両親へ

新婦から新郎へ 新郎から新婦へ

桐箱 文字

 

桐箱に入れると一段としまった印象になります。

http://www.sirokanetougei.com/tougei_box.html

 

 

DSCN4652

 

 

 

 

いままでのありがとう!

 

桐箱

桐箱は作品サイズに合わせて職人さんに発注いたします。

 

 

clear box 3

 

 

 

 

クリアーボックスのご用意もあります。

 

丼 2

 

 

 

 

こっそり作って

一緒に作って

大切な思い出を回想しながらカタチにしてみるのはいかがでしょうか?

詳しくは コチラ

 

王道の夫婦茶碗

IMG_2564陶芸 作品展-6

 

 

 

一家に一台?土鍋 や 何にでも使えるお皿

陶芸 作品展34陶芸 作品展21

 

 

 

お酒好き夫婦に酒器?! あると嬉しい箸置

穴窯 anagama穴窯 作品1

 

 

 

 

粘土の器に移すだけなのに、美味しそうに見える!

食卓が、気持ちが豊かになる不思議

これからの生活に結婚のお祝いに

おめでとう!を粘土でカタチに

逆?サプライズプレゼント!

いかがでしょうか?

 

お祝い用桐箱、プレゼント用包装などもご用意しております。

お問い合わせ申し込みはは コチラ まで!

ウェディング体験概要

■制作時間:2時間半
月、火、木 ①10:00~12:30、②13:30~16:00、③16:00~18:30
金、土、日 ①10:00~12:30、②13:30~16:00、③16:00~18:30、④18:00~20:30
■定休日:水曜日
■制作個数:自由
■作品制作例:お茶碗、お湯呑み、どんぶり、サラダボウル、コーヒーカップ、お皿、大皿、長皿、花瓶、ビアカップ、徳利、
ぐい飲み、焼酎カップ。
■料金:お一人様 7,600円+※作品焼成費  ※追加授業で絵付け等の制作をすることもできます。
■制作からお渡しまでの期間:約3週間。3週間未満での仕上がり希望の場合は特急プラン料金が発生いたします。

※希望される方には制作過程の写真を無料撮影し、データをお渡しいたします。
※撮影同伴:可能(※平日1名様まで無料、土、日の場合はお1人同伴につき3,800円が席料としてかかります。)
※作品焼成費とは作品を窯で焼くときに発生する電気代です。体積(縦X横X高さ)cm X1.5円となります。
〔例えば〕作品サイズ 縦7cm横7cm高さ10cmの湯のみの場合・・・740円となります。

■特急プラン料金:参加料金とは別にお急ぎの方のみかかります。制作日からお渡しまでの期日で起算します。

3日~7日   10,000円
8日~14日  4,000円
15日~21日  2,000円
22日~     0円

 

完成したうつわを入れるオリジナル桐箱やクリアーボックス、各種ご用意しております。
ご両親やお友達のために創った作品をもっと素敵に贈りませんか?
各種箱をご用意してます。
結婚式や誕生日の贈り物などにどうぞ。

白金陶芸教室

>>HPはこちら

桐箱のケース

桐箱

端正な桐箱に入れて作品もさらに凛々しく見えます。黄色のウコン布つき。

1箱 4,500円

※ご注文頂いてから1週間程度かかります。

オリジナル桐箱

当教室オリジナルの桐箱です。前面がアクリルかガラスになっているので、箱に入れても中身が見えます。

1箱 5,500円

※ご注文頂いてから2週間程度かかります。

クリアケース

 

中身が見えて柔らかい緩衝材とリボンもついています。

1箱 2,000円

白金陶芸教室 6周年記念パーティー 

夏の香りもしだして、そろそろ梅雨も開けそうなほど暑い日が続いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

そんな暑さも吹き飛ばす、白金陶芸教室6周年記念パーティーが先日おこなわれました。
沢山の会員様に支えて頂き、6周年を迎えることが出来ました。
ありがとうございます。

普段は顔を会わせない会員様どうし、会員様と講師どうし、ほろ酔い加減で陶芸話に盛り上がり、笑顔がとっても楽しい夜になったようです。
新しい出会いもあったことでしょう。

これから秋を迎えます。
汗をかいてロクロを回し、素敵な作品を一緒にたくさん作りましょう!

白金陶芸教室でお会いするのを楽しみにしています。

新入講師 桑島でした。

白金陶芸教室

>>HPはこちら

■一日体験概要■

■料金:3,800円(初回のみ)+※作品焼成費
■制作時間:
月、火、木曜日
①10:30~12:00
②14:00~15:30
③16:30~18:00
金、土、日曜日
①10:30~12:00
②14:00~15:30
③16:30~18:00
④18:00~19:30
■定休日:水曜日(祝祭日の場合は水曜も営業)
■制作個数:時間内いくつでも制作可能
■作品サイズ:自由
■持ち物:無し(エプロンは無料貸出しております。)

※作品焼成費とは作品を窯で焼くときに発生する電気代のことです。
体積(縦cm×横cm×高さcm)×1.5円 となります。
(お皿の高さは4cm未満のものは4cm~計算させていただきます。)
[例えば]
作品サイズ 縦7cm×横7cm×高さ10cm のコップの場合・・・690円
作品サイズ 縦12cm×横12cm×高さ7cmのご飯茶碗の場合・・・1,410円

 

花の描き方・鳥の描き方について~絵付けの基本~

 

スケッチの意味

èGòté»Ä÷ï╞-18

四季を通して色々な草花が咲き、鳥達がさえずります。
それをどのようにスケッチすればよいのでしょうか。
ここでは少し視点を変えてお話しします。
スケッチ画は最終目的ではないと言うことです。
器に絵を描くための下書きと思って下さい。
スケッチの目的は相手をよく知ることです。
ですから上手に描こうとしなくてもかまいません。

 

花の描き方

èGòté»Ä÷ï╞-10

まず花の描き方ですが、桜で説明します。
花はハート型の5枚の花ビラが中央の額から伸びています。
同じように種子が中央の額から出ていて花ビラの手前に見えます。
これに種子は黄色、花ビラは薄いピンク色を付ければ桜の花の基本が出来ました。
つまり桜の花は5枚の花ビラと多くの種子からのパーツで出来ており、それが花心から伸びているのです。

このようにモチーフの構造を知れば描きやすくなります。
一度バラバラに分解し、又組み立てるという気持ちでよく観察し、特徴を捕らえられる事が大切です。
あとは上向き、横向き、後ろ向きの方向も描きましょう。
次に花や葉の出方ですが染井吉野でしたら葉は花の後に出るので描きませんが、山桜は同時に芽吹くので必要です。
花や葉は枝からどのように出ているのでしょうか。
花は花、葉は葉と別に芽があり、そこから花なら2~3輪、葉は4~5枚まとまって出来ます。

葉は春の和菓子用に塩漬けされて食べられていますが、輪郭がギザギザしている所が特徴です。
このような見方で他のモチーフに対してもスケッチする際には試してみて下さい。

 

モチーフを観察する
uwae-sketch1
次に鳥ですがやはり観察することです。
庭の雀や公園の鳩、或いは飼鳥などをよく見て下さい。
頭、翼、足などがどうなっているのか、目に鳥の姿を焼き付けるように観察し、スケッチしましょう。
又、野山へ出かける機会にはスケッチブックを持参し、出逢った鳥を描いてみて下さい。
鳥の形や動き、色などの特徴が掴めるようになると思います。
また剥製などを描いたり図鑑や、写真集等を参考にして鳥の名前、習性、姿などを理解することも大切です。

 

鳥の描き方

小鳥の胴体の形でよく引用されるのが卵です。
鳥は常に動いていますから卵のフォルムを胴体に見立て、あらかじめポーズを決めておくと描きやすいでしょう。
地面に立っているのか枝に止まっているのかを決めて、頭、足、尾を付ければ大体の姿が出来てきます。
注意する点は、目、嘴、足を丁寧に描き、飛ぶための風切羽の羽根の重なりを4~5枚シャープに描くと、より鳥らしくなります。
体の輪郭は卵型にそって柔らかく描けばよいでしょう。あとは鳥の種類によって羽根の柄を描き色を付ければ完成です。

まずは線描だけで色々なポーズをたくさん描いて下さい。
自然な姿が描けるようになるでしょう。

白金陶芸教室では隔週で上絵付授業を開催しております。
ご興味ある方は是非体験から。
日本工芸会正会員の廣瀬義之による本格的な上絵付けが楽しめます。

お申込みはコチラ

■料金:4,800円(初回のみ)+※作品焼成費
■制作時間:120分
■日程:毎月第1、第3土曜日
■時間:①14:00~16:00
②16:30~18:30
■制作個数:時間内いくつでも制作可能
■持ち物:無し(エプロンは無料貸出しております。)
■作品種類:お茶碗、皿、ビアカップ等
*制作は予めこちらで作った生地に絵付けしていただきます。
*絵付けのデザインはいくつかのサンプルからお選びいただくか、ご自分のデザインで絵付けも出来ます。
*使用する生地は磁器土になります。

お申込みはコチラ

http://www.sirokanetougei.com/taiken.html?topslide

廣瀬義之

陶芸体験や結婚式のご両親へのプレゼントギフト制作、習い事にどうぞ。