土鍋の作り方 その4


白金陶芸教室講師の山口です。

11月23日は、藤原道長がかの「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の欠けたることもなしと思へば」歌を詠んでから丁度、千年めにあたるそうでしたが、忙しくて月を見るのを忘れてました。

月を愛でながら鍋をつつくのも良いのでは・・・

さて、今回は土鍋に絵付けをして本焼きをします。

土鍋の蓋に陶器用絵具で絵を描きます。

陶器の生地は紙よりも吸水するので筆が引っ掛かり易いのでややたっぷり目の絵具で描きます。

その後に透明釉を掛けて1230度で本焼きします。

これ以上焼成温度が高いと、生地が焼締って火にかけた時に割れる可能性があるので、注意です

 

これで完成です。

後は、お好きな具材で鍋をお楽しみください。

では、また次回。

 

土鍋作り体験は、下記のリンクからお申込できます!

https://urakata.in/new_reserve/courses/sirokanetougei

■料金:4,800円+※作品焼成費

■制作時間:120分

月、火、木曜日
①10:00~12:00 ②13:30~15:30 ③16:00~18:00

金、土、日曜日 ①10:00~12:00②13:30~15:30③16:00~18:00④18:00~20:00

■定休日:水曜日(祝祭日の場合は水曜も営業)

■制作個数:1作品

■制作していただけるもの: 土鍋、直火陶板皿等

■作品サイズ:自由

■持ち物:無し(エプロンは無料貸出しております。)

■2回目の追加体験(3,840円)で色付けに参加して完全手作りオリジナル作品に仕上げることができます。

■IH対応ではございません。ご了承下さい。

■出来上がりまで約1カ月半かかります。

※作品焼成費とは作品を窯で焼くときに発生する電気代のことです。 体積(縦cm×横cm×高さcm)円 となります。 [例えば] 4人用土鍋制作(27x30xh15cm)の場合の※焼成費 ⇒26x30x15=11,700円


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.