ウェディングギフトは手作り陶芸♪♪


こんにちは、白金陶芸教室スタッフ丹羽です。

まだまだ寒い日が続きますが、立春も過ぎてほんの少し春の予感ですね(*^^*)

本日はウェディング陶芸体験のご紹介です。

過去のウェデイング記事はこちらから★ サプライズプレゼント記事はこちらから★

結婚式で今までお世話になったご両親への贈り物、二次会で新婦様、新郎様にサプライズプレゼント、来賓の方々にプチギフト…

などなど、一生に一度のウェディングを彩るアイテムを、陶芸体験で手作りしてみませんか?

実際に教室にいらっしゃったみなさんをご紹介します(^o^)/

seikei1

 

電動ロクロコース、いざスタート☆

 

seikei2

ぐるぐる回る土に指でそっと穴を開けます。力加減がポイント!

 

seikei3

グチャッと失敗…でも大丈夫!スタッフがしっかりお直ししますのでご安心を◎

seikei4

こちらもお上手に筒状に土を伸ばしています。

 

seikei5

 

お湯呑の完成~丼も作りました! 2時間半の体験で平均3~4点は制作できますよ。

seikei11

 

ふんわり広げてお茶碗にも…

 

seikei12

夫婦茶碗の完成です◎

 

毎月とっても多いのが、新郎様から新婦様へのサプライズプレゼントのご制作。みなさん奥様に内緒でこっそり…(^.^)

作っているうちに夢中になり、ご自分の分もペアで作ってしまう方が多いですよ◎

seikei8

真剣です!

seikei6たくましい腕で繊細に土を扱ってくださっています。

seikei7ドーンと丼と、かわいいお湯呑の完成です!

旦那様からのこんなサプライズプレゼント、とっても喜んで頂けること間違いなしですね(*^^*)

 

ここからは絵付けコース。ロクロで作った器に、色付け、絵付けをしていきます。

おまかせもできますが、ご自分たちでするとよりオリジナルな器になって楽しいですよ◎

etsuke2-1どんな絵付けにしようかな~♪

 

etsuke2-2丁寧に心を込めて…

etsuke2-3ギフトはご両親のお名前とメッセージを、ご自宅用はペアグラスに◎

etsuke1-1色が沢山あって迷いますね。

etsuke1-3筆書きをしっかり練習。

etsuke1-2こちらは釉薬の入ったバケツに器を入れて、全体に色をつけています。

etsuke1-4作品だけでなく、楽しい思い出もできちゃいますね(^^♪

この後窯で1230℃で焼成して完成!焼きあがるとまたイメージが変わりドキドキです。

kansei1ご両親に送る素敵な夫婦茶碗◎

 

kansei2奥様へマグカップのプレゼント。お二人で朝のコーヒーを楽しめますね(^_^)

陶芸体験で作るウェディングギフト、いかがでしたか?

お申込みはこちらからどうぞ☆

___________________________________________________________________________

■制作時間:2時間半(水曜以外毎日 ①10:00~12:30、②13:30~16:00、③16:00~18:30、④18:30~21:00)
■制作個数:自由
作品制作例 お茶碗、お湯呑み、どんぶり、サラダボウル、コーヒーカップ、お皿、大皿、長皿、花瓶、ビアカップ、徳利、
ぐい飲み、焼酎カップ。

■料金:お一人様 7,600円+※作品焼成費  ※追加授業で絵付け等の制作をすることもできます。
■制作からお渡しまでの期間:約3週間。3週間未満での仕上がり希望の場合は特急プラン料金が発生いたします。

※希望される方には制作過程の写真を無料撮影し、データをお渡しいたします。
※撮影同伴:可能(※平日1名様まで無料、土、日の場合はお1人同伴につき3,800円が席料としてかかります。)
※作品焼成費とは作品を窯で焼くときに発生する電気代です。体積(縦X横X高さ)cm X1.5円となります。
〔例えば〕作品サイズ 縦7cm横7cm高さ10cmの湯のみの場合・・・740円となります。

■特急プラン料金:参加料金とは別にお急ぎの方のみかかります。制作日からお渡しまでの期日で起算します。

3日~7日   10,000円
8日~14日  4,000円
15日~21日  2,000円
22日~     0円

お申込みはこちらから◎

白金陶芸教室のHPは>>こちら

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>