Category Archives: 上絵付け

花の描き方・鳥の描き方について~絵付けの基本~

 

スケッチの意味

èGòté»Ä÷ï╞-18

四季を通して色々な草花が咲き、鳥達がさえずります。
それをどのようにスケッチすればよいのでしょうか。
ここでは少し視点を変えてお話しします。
スケッチ画は最終目的ではないと言うことです。
器に絵を描くための下書きと思って下さい。
スケッチの目的は相手をよく知ることです。
ですから上手に描こうとしなくてもかまいません。

 

花の描き方

èGòté»Ä÷ï╞-10

まず花の描き方ですが、桜で説明します。
花はハート型の5枚の花ビラが中央の額から伸びています。
同じように種子が中央の額から出ていて花ビラの手前に見えます。
これに種子は黄色、花ビラは薄いピンク色を付ければ桜の花の基本が出来ました。
つまり桜の花は5枚の花ビラと多くの種子からのパーツで出来ており、それが花心から伸びているのです。

このようにモチーフの構造を知れば描きやすくなります。
一度バラバラに分解し、又組み立てるという気持ちでよく観察し、特徴を捕らえられる事が大切です。
あとは上向き、横向き、後ろ向きの方向も描きましょう。
次に花や葉の出方ですが染井吉野でしたら葉は花の後に出るので描きませんが、山桜は同時に芽吹くので必要です。
花や葉は枝からどのように出ているのでしょうか。
花は花、葉は葉と別に芽があり、そこから花なら2~3輪、葉は4~5枚まとまって出来ます。

葉は春の和菓子用に塩漬けされて食べられていますが、輪郭がギザギザしている所が特徴です。
このような見方で他のモチーフに対してもスケッチする際には試してみて下さい。

 

モチーフを観察する
uwae-sketch1
次に鳥ですがやはり観察することです。
庭の雀や公園の鳩、或いは飼鳥などをよく見て下さい。
頭、翼、足などがどうなっているのか、目に鳥の姿を焼き付けるように観察し、スケッチしましょう。
又、野山へ出かける機会にはスケッチブックを持参し、出逢った鳥を描いてみて下さい。
鳥の形や動き、色などの特徴が掴めるようになると思います。
また剥製などを描いたり図鑑や、写真集等を参考にして鳥の名前、習性、姿などを理解することも大切です。

 

鳥の描き方

小鳥の胴体の形でよく引用されるのが卵です。
鳥は常に動いていますから卵のフォルムを胴体に見立て、あらかじめポーズを決めておくと描きやすいでしょう。
地面に立っているのか枝に止まっているのかを決めて、頭、足、尾を付ければ大体の姿が出来てきます。
注意する点は、目、嘴、足を丁寧に描き、飛ぶための風切羽の羽根の重なりを4~5枚シャープに描くと、より鳥らしくなります。
体の輪郭は卵型にそって柔らかく描けばよいでしょう。あとは鳥の種類によって羽根の柄を描き色を付ければ完成です。

まずは線描だけで色々なポーズをたくさん描いて下さい。
自然な姿が描けるようになるでしょう。

白金陶芸教室では隔週で上絵付授業を開催しております。
ご興味ある方は是非体験から。
日本工芸会正会員の廣瀬義之による本格的な上絵付けが楽しめます。

お申込みはコチラ

■料金:4,800円(初回のみ)+※作品焼成費
■制作時間:120分
■日程:毎月第1、第3土曜日
■時間:①14:00~16:00
②16:30~18:30
■制作個数:時間内いくつでも制作可能
■持ち物:無し(エプロンは無料貸出しております。)
■作品種類:お茶碗、皿、ビアカップ等
*制作は予めこちらで作った生地に絵付けしていただきます。
*絵付けのデザインはいくつかのサンプルからお選びいただくか、ご自分のデザインで絵付けも出来ます。
*使用する生地は磁器土になります。

お申込みはコチラ

http://www.sirokanetougei.com/taiken.html?topslide

廣瀬義之

上絵付けの種類のご紹介 ~絵付けの基本~

hiroseworks4

 

 

 

 

 

上絵と下絵

上絵付けとは釉上着画のことで本焼成された陶磁器の上に絵を付けて再び低温で焼成します。
その素地に描かれた着画を上絵と言い、その方法を上絵付と言います。
これに用いる絵の具を上絵の具と言います。五彩、粉彩、赤絵、色絵などみな上絵のことです。
下絵付けすなわち釉下着画(素焼き上に着画しその上に釉薬を施す、つまり釉の下に着画がある事)では高温で本焼成する為、色数に制限があるので低温焼成の上絵付けで、自由豊富に色を得ることが目的と言えます。

絵具について

uwae-dougu10

本焼成された陶磁器に上絵付けをするにあたりどんな器を選べば良いのか、どんな絵具があるのか紹介します。
上絵(赤絵)は中国宋・明時代に発展し我が国に受け継がれました。
九州の鍋島、柿右衛門、京都の仁清、石川の古九谷などに伝わり使われている上絵具を和絵具と言っています。
これに対しヨーロッパに伝わり研究われたものを洋絵具と言います。
前者を硬彩、後者を軟彩と言う言い方もあります。

和絵具

uwae-dougu9 和絵具は、明朝時代に完成された五彩と言う色を基本にしています。
白玉(ガラスの基釉)に発色の基となる鉄や銅などの酸化金属類、顔料などを入れ良く擦った粉状の絵具です。

絵付け時は原料を調合したまま絵具にしているので焼成しなければ目的の色にならない所が厄介ですが、透明性の高い色ガラスになり日本人に好まれている絵具です。
鍋島焼や古九谷のような磁器の白磁や染付の上に描いたり、京焼(仁清)のような陶器に描くのも良いでしょう。
絵具は透明性があり下が透けて見える為下地は白いほど発色が良く見えます。
黒に近い器に描いても絵が見えづらくあまり意味がありません。
鉄の強い赤土などは白化粧などを施した方が良いでしょう。

洋絵具

洋絵具は、清朝に完成した粉彩と言う色を基本にしていると思われます。
色になる釉薬を調合し、あらかじめ目的の温度以上の高温で一度焼成します。
それを粉砕し粉状にしたものに、融剤としてガラスの基を少量加えて作った絵具です。
この絵具の利点は焼いても焼かなくても絵具の色は変わらないことです。
陶芸(窯業)は焼く前の原料を調合し釉薬や絵具として使っているので焼くまでは目的の姿はわかりませんが、この絵具は結果の色味がある程度見えるので自由に描けます。
又不透明性なので黒い器にも色が映ると思います。

今まで作って来た作品に赤や黄・緑色などをちょっと加えれば楽しい作品になると思います。
是非体験してみて下さい。

 

 

次回は上絵付けの歴史についてです。

白金陶芸教室では隔週で上絵付授業を開催しております。
ご興味ある方は是非体験から。
日本工芸会正会員の廣瀬義之先生による本格的な上絵付けが楽しめます。

お申込みはコチラ
—————————————————————-

■料金:4,800円(初回のみ)+※作品焼成費
■制作時間:120分
■日程:毎月第1、第3土曜日
■時間:①14:00~16:00
②16:30~18:30
■制作個数:時間内いくつでも制作可能
■持ち物:無し(エプロンは無料貸出しております。)
■作品種類:お茶碗、皿、ビアカップ等
*制作は予めこちらで作った生地に絵付けしていただきます。
*絵付けのデザインはいくつかのサンプルからお選びいただくか、ご自分のデザインで絵付けも出来ます。
*使用する生地は磁器土になります。

お申込みはコチラ

http://www.sirokanetougei.com/taiken.html?topslide

廣瀬義之

上絵付けの歴史 ~絵付けの基本~

中国から日本へ

hiroseworks4

 

 

 

 

 

(参考作品:廣瀬義之作 桜文様の陶箱)

日本の窯業の源流は中国にあります。
赤絵(上絵)も同様に中国です。宋の時代に赤・黄・緑の宋彩色があり、やがて白い陶器の上に色で描かれている陶器赤絵が登場しました。
元朝末・明朝初には、青花磁器(染付磁器)の焼成技術がほぼ完成を迎えたのと同じく華やかな赤絵時期も同時に発展し、明朝体制繁栄の基、景徳鎮において、明朝の五彩赤絵として果てしない発達を見せ、後の清朝の粉彩へとつながっていきます。
やがてその製品、技術は東アジアの日本や、中近東、ヨーロッパ諸国へと展開していきました。

唐物から高麗、国焼へ

日本では室町時代を中心に桃山、江戸期まで明朝の作品は唐物として大変珍重されました。
このころは国内ではまだ窯業の発達はなく、公家、武家、社寺などの特権階級の需要で中国、朝鮮などから貿易として入って来ました。
やがて茶道の普及と共に国内の好みも変わり、唐物(中国)から始まり、高麗(朝鮮)的なものに移り和的傾向へと様式を変え、 国焼(国産)として諸国、諸領に現在にもつながる窯業の様式、技術が広がっていきました。
桃山、江戸期に入ると広く庶民社会に広まり、千利休のような人物も現れた全国に国焼窯が発達していきました。

磁器の発展

この頃、磁器赤絵は、佐賀県内有田で磁器土が発見され柿右衛門窯を代表とする有田焼が始まり、その後、京都で仁清などの京焼が陶器赤絵として発達し、北陸九谷では古九谷赤絵として伝わりました。
中でも日本における染付磁器・赤絵磁器の中心は肥前有田郷であった。
有田は大陸に近いという立地条件と鍋島藩の保護政策がその背景にあり主に三つの様式へと発達しました。
一つは中国的な意匠と絵模様を重んじた古伊万里様式、日本人の抒情感を表現した柿右衛門様式、精巧にして気品に富む色鍋島様式とそれぞれに肥前赤絵の伝統様式として継承されていきました。
又、オランダからの東印度会社の進出で国際的な接触の機会を得て、長崎出島よりヨーロッパ諸王侯、貴族に収集され、バロック、ロココ建築の王城、宮殿の装飾に使われ需要は倍増しました。
又、ヨーロッパの諸窯にも大きく影響し、ドイツマイセンの磁器完成へと結びつき、オランダをはじめイギリス、フランスの諸窯にも広く伝播されていった。

現在も続く伝統へ

現代でも柿右衛門窯は、子孫が技術を伝承し、色鍋島の今泉今右衛門窯も現在に続いています。
又九谷でも古九谷の技術を復興し、古い窯元も現在に至り、個人の作家達も活躍しています。
又、現在は、国の伝統文化伝承の目的で重要無形文化財・人間国宝の制度も出来、色絵では富本憲吉、藤本能道なども現れ、多くの作家達がその後に続き、多方面で活躍しています。

 

お申込みはコチラ

—————————————————————-

白金陶芸教室では隔週で上絵付け授業を開催しております。
ご興味ある方は是非体験から。日本工芸会正会員の廣瀬義之による本格的な上絵付けが楽しめます。

上絵付け体験の流れ、様子
■料金:4,800円(初回のみ)+※作品焼成費
■制作時間:120分
■日程:毎月第1、第3土曜日
■時間:①14:00~16:00
②16:30~18:30
■制作個数:時間内いくつでも制作可能
■持ち物:無し(エプロンは無料貸出しております。)
■作品種類:お茶碗、皿、ビアカップ等
*制作は予めこちらで作った生地に絵付けしていただきます。
*絵付けのデザインはいくつかのサンプルからお選びいただくか、ご自分のデザインで絵付けも出来ます。
*使用する生地は磁器土になります。

お申込みはコチラ

http://www.sirokanetougei.com/taiken.html?topslide

廣瀬義之

上絵付けの材料や技法、道具について ~絵付けの基本~

 

今回は絵付けの基本、上絵付けの材料や技法、道具について順を追って説明します。
uwae-dougu1

 

 

 

 

 

①作品の表面をお湯又は水に浸した布で綺麗に拭き、ゼラチンの薄い溶液を塗って絵具のノリを良くします。以降作品にはなるべく素手で触らぬように手袋などを着用します。

 

uwae-dougu8

 

èGòté»Ä÷ï╞-18②鉛筆、薄墨、灰等で図柄のアタリをつける。

uwae-dougu7

③上絵付けの方法としては二つあります。
色絵具だけで表現する方法と、マンガンと言う黒絵具で下絵を描き、その上に色絵具をかぶせる方法です。
前者は色だけなので淡い印象に仕上がります。
後者は、珪酸マンガンと言う黒絵具をお茶(中に含まれているタンニンと言う成分が凝固する役目を果たす。)で溶き、濃淡を付けながら線描やぼかし(ダミ技法)を使って絵付けをします。
淡い色の花や薄い色のモチーフはマンガンを薄く溶いて使い、色の濃いモチーフは濃く溶いて使うと調和のとれた図柄になります。
又シャープな線や、細かい部分は乾いた後、楊枝や先の尖った竹串などで余分な所を削りとるとより繊細になります。
ここまでのマンガンを用いた下絵の作業の事を骨描きと言います。

uwae-dougu6(写真は廣瀬特製竹串です。グリップ感に特徴があります。)

uwae-process2

④ここまで描き上げたらマンガンを溶いたお茶のタンニンが凝固して絵具が定着するのを一晩待ちます。
凝固しきらずに上に上絵の具を伏せると下のマンガンをずらし絵が崩れてしまうので注意しましょう。

uwae-dougu3

 

 

 

 

 

又、ここで使用する筆は、骨描きから後の色伏せまで面相筆と言う細い筆を使います。(教室では広島の妙勝会のものを使用させていただいてます。)
色絵具は、白玉と言うガラスの粉、唐の土は鉛白、日の岡と言う珪石の三つの成分で作る無色透明な基釉でそれに色の基になる酸化金属類(鉄・銅・コバルトなど)を入れて作ります。
基本の色数は赤・黄・緑・紫・紺の五色であとは混色し五十色以上の色数が出来ます。色絵の一番の魅力は、低温焼成のため鮮やかな色彩が得られる所です。

uwae-dougu11⑤色伏せという作業に入ります。絵具は水で溶きますが粘りがないため描きにくいのでふのりやニカワを適量加えます。絵具は焼けたらガラス状に変わる成分なので厚く塗る必要があります。

uwae-dougu9A面相筆で絵具をすくい取りマンガンの上に塗るというよりも垂らして置いていく。

B絵具の上部を筆先でつかみ一定の広さに伸ばす。

Cその際、筆先が下の絵を触らぬよう筆を浮かしながら描く。

塗り終わった絵具の表面は凹凸がなく平らになれば良好です。色伏せに際しては絵具の厚みにより発色が異なります。

ÅπèGòté»-20

⑥色伏せを終えた状態の時、下のマンガンは完全に隠れるようにします。マンガンは上絵窯の温度では溶けないので焼きあがってもとれてしまうので注意しましょう。

uwae-dougu12⑦最後は掃除です。ティッシュや綿棒などを使って絵付けの時の汚れを取り除き、余白の部分をもう一度きれいに拭きとりましょう。手油や、汗などの塩分が残っていると焼成後に釉薬の表面がざらざらと荒れる事がありますので忘れずに。

たかはらさん?さつきさんえつけ1

 

 

 

 

 

(上絵付け体験時作品:Y様)

 

お申込みはコチラ

————————————————-

白金陶芸教室では隔週で上絵付授業を開催しております。ご興味ある方は是非体験から。日本工芸会正会員の廣瀬義之による本格的な上絵付けが楽しめます。
上絵付け体験の流れ、様子
■料金:4,800円(初回のみ)+※作品焼成費
■制作時間:120分
■日程:毎月第1、第3土曜日
■時間:①14:00~16:00
②16:30~18:30
■制作個数:時間内いくつでも制作可能
■持ち物:無し(エプロンは無料貸出しております。)
■作品種類:お茶碗、皿、ビアカップ等
*制作は予めこちらで作った生地に絵付けしていただきます。
*絵付けのデザインはいくつかのサンプルからお選びいただくか、ご自分のデザインで絵付けも出来ます。
*使用する生地は磁器土になります。

お申込みはコチラ

http://www.sirokanetougei.com/taiken.html?topslide

 

廣瀬 義之

 

 

 

花と鳥「季節との組み合わせ」 ~絵付けの基本~

日本の四季
hiroseworks1

日本には四季があります。それぞれの季節で美しい景色を見せてくれています。その自然の中で花と鳥を描くためには、季節に合った組み合わせがあると思います。

好みの時期を季語に

hiroseworks7植物は、春、芽を出し花が咲いて、やがて夏頃、実が成長し、秋口には、葉は色付き、実は熟し、子孫に繋ぎます。
その流れの中で我々日本人は一種の植物に対して、好みの時期を季語のようにしました。
例えば梅や桜は、春。
梅の実や、さくらんぼの時期より花の方を好んだので春の季語としました。栗や柿は花より実の方が好まれて、秋の季語のようになりました。

花や鳥を描く時に大切にする事

hiroseworks6

鳥で言えば渡り鳥でお分かりの通り、ツバメは夏鳥です。
冬は南の国で過ごし、暖かい時期に日本に渡って来ます。
冬鳥では、マガモのように冬だけ日本に過ごし、あとは全国で生活している鳥もいます。
又日本の留鳥でも雀、目白、カラスなどは一年中人間の周りにいますが、夏場だけ山で生活し、あとは人里近くに降りてくるウグイスやカケスのような鳥もいます。
又虫たちも春、菜の花に止まるモンシロ蝶、夏の蝉やカブト虫、秋のスズ虫やコオロギと季節に応じて存在するもの、しないものがあります。
それを考えて花や鳥を描く場合、組み合わせが大切だと思います。

同じ季節の組み合わせを

四季の中でも春なら春同士、秋なら秋同士を組ませる事です。春咲く桜に秋のコオロギを一緒にするのは合いません。
又秋、紅葉した柿の枝に夏のツバメが止まっていると不思議です。
このように鳥や植物を描く際には、季節を合わせて描くことをお勧めします。

梅や桜には目白、紫陽花や合歓にはオオルリ

hirosework8

たとえば幾つか例をあげてみます。
春の梅や桜の花に目白を描くのは春の蜜を吸いに来る鳥なのでよく見る景色です。(余談ですが、梅や桜に鶯が描かれている絵をよく見ますが、もし鳥の色が淡い緑色のうぐいす色をしていたら、それは目白の色を借りているのでしょう。紛らわしいですが、目白はうぐいす色で目の周りが白い色です。ホーホケキョと鳴く鶯は全身茶色に近い、わりと地味な鳥です。)
初夏の紫陽花や合歓の木に止まる渡り鳥であるオオルリ。
この鳥は胸は白であとは全身青い色をした綺麗な鳥です。
秋は熟した葡萄を狙うヒヨドリ。
冬、庭に落ちた椿の花に雀などあります。
その他には飼い鳥もいます。
インコやブンチョウなら季節は問いません。

hiroseworks5

或いは、目先を変えて犬や猫、兎などの身近な動物も四季を問わずに自由に表現できるでしょう。
是非色々なモチーフの組み合わせを考えて、魅力的な作品を制作して下さい。

 

 上絵付け体験お申込みはコチラ

—————————————————————————–

白金陶芸教室では隔週で上絵付授業を開催しております。ご興味ある方は是非体験から。日本工芸会正会員の廣瀬義之による本格的な上絵付けが楽しめます。
上絵付け体験の流れ、様子
■料金:4,800円(初回のみ)+※作品焼成費
■制作時間:120分
■日程:毎月第1、第3土曜日
■時間:①14:00~16:00
②16:30~18:30
■制作個数:時間内いくつでも制作可能
■持ち物:無し(エプロンは無料貸出しております。)
■作品種類:お茶碗、皿、ビアカップ等
*制作は予めこちらで作った生地に絵付けしていただきます。
*絵付けのデザインはいくつかのサンプルからお選びいただくか、ご自分のデザインで絵付けも出来ます。
*使用する生地は磁器土になります。

 お申込みはコチラ

廣瀬 義之

 

 

廣瀬先生の絵付け授業・上絵付け体験始まりました!

DSCN3499-1

皆さんこんにちわ。
角谷です。

今回は先日3月から始まった絵付け授業の概要をお伝えします。

陶芸技法の絵付けは2種類あります。
ひとつは下絵付けというもので釉薬をかける前に着色していくもの。
もうひとつは上絵付けというもので釉薬をかけて一度高温で焼成してから着色していくもの。

3月からお呼びしている廣瀬先生は上絵付けのスペシャリスト!
故・藤本能道先生の下で研鑽を積まれ、私たちの大学の大先輩にあたります。今回ご縁があって指導をして頂く運びになりました。授業は素晴らしく専門的で充実した内容になっています。

廣瀬義之先生のホームページはこちら

では早速いってみましょう。

絵付け授業-8

①大まかな流れ等説明

最初に上絵の具の説明や絵付けの方法など、解説されています。

絵付け授業-9

②下図選び

デザインや植物の形をいきなり描いて!というのも無理なお願いですよね。今回は桜や椿、鶯等数種類の下図を廣瀬先生にご用意していただきました。

絵付け授業-10

③描き方の説明

「さあ、始めよう!」ちょっと待って!!急いで書く前に心を落ち着けて下さい。線の向きや描く順番なども大切です。

絵付け授業ー20

④下図を写す

下図をトレーシングペーパーで透かして写し取ります。

絵付け授業-18

 ⑤下図の裏面に墨で線描きする。

下図をひっくり返して裏面に墨で線を描いていきます。墨は桐の灰を水で溶いたもの。

絵付け授業-11

⑥墨の線描きを皿に写す。

爪でしごいて先ほどの墨の下書きをお皿に写しとります。

絵付け授業-17

⑦マンガンをお茶で溶く。

九谷の千圃堂では「呉須」と書いておりますが中身はマンガンです。お茶のタンニンが骨描き時の筆運びをよくします。

絵付け授業-13

⑧細筆で骨描き。

筆は広島県にある妙勝会のものを使用。後で骨描きの線を整えるのでどんどん描いていきましょう。

絵付け授業-12

⑨竹串で線出しをする。

筆で描いた状態はどうしても少し線が太くなります。その線を更に細くシャープにしごきます。緊張感のある線が出てきました。

絵付け授業-4

⑩上絵の具で着色。

上絵の具を予め準備しておいたものをお茶で溶き、筆でのせていきます。同じく九谷の千圃堂の上絵の具を使用。

上絵付け-20

上絵付け-21

⑪上絵付け完成!

後は800℃で焼くだけ。仕上がりを待ちましょう。

 

èGòté»Ä÷ï╞-

 

 

⑫完成作品です!

————————————————————————

白金陶芸教室では隔週で上絵付授業を開催しております。ご興味ある方は是非体験から!日本工芸会正会員の廣瀬義之による本格的な上絵付けが楽しめます。
(先生はとってもフランクです。お気軽にどうぞ。)

■料金:4,800円(初回のみ)+※作品焼成費
■制作時間:120分
■日程:毎月第1、第3土曜日
■時間:①14:00~16:00
②16:30~18:30
■制作個数:時間内いくつでも制作可能
■持ち物:無し(エプロンは無料貸出しております。)
■作品種類:お茶碗、皿、ビアカップ等
*制作は予めこちらで作った生地に絵付けしていただきます。
*絵付けのデザインはいくつかのサンプルからお選びいただくか、ご自分のデザインで絵付けも出来ます。
*使用する生地は磁器土になります。

廣瀬義之